オーガニック・無添加でかつエイジングケアの実感を届ける「ブルークレール国産オーガニックコスメ・無添加化粧品」オフィシャルサイト

bleu clair organics
7日間美肌実感コース
93%以上の医師が「使い続けたい」と答えたオーガニックコスメ
ブルークレール無添加化粧品とは 8のこだわり & 誕生のきっかけ
商品一覧
お客さまの声
最大15%OFF!定期便
初回定期便50%OFF
保存方法と使用期間
美容液 シワと透明感 試験結果
ご使用者様体験談
ご愛用者さまの声 特集
肌質別のおすすめ
掲載雑誌
お手入れ方法
こだわりの成分
メールマガジン
スマホサイトへ

※サイト中の無添加の定義: 合成保存料、合成界面活性剤、合成ポリマー、合成紫外線吸収剤、シリコンオイル、鉱物油、合成着色料、合成香料無添加
※オーガニックコスメ: 製品にオーガニック認証取得成分を使用
※エイジングケア:年齢に応じた肌ケア
※花粉、PM2.5、紫外線など:外的環境ストレス


抗シワ試験・色差(顔色のトーン差)試験実施済み※1
93%以上の医師が「使い続けたい」と答えたオーガニックコスメ※2
医学誌掲載※3
オーガニックコスメ人気ランキング第1位※4
@cosme第1位※5
顧客満足度 94%※6
使用継続希望 96.2%※7

※1 リペアモイストWエッセンス(美容液)の「乾燥による小じわを目立たなくする効果」、「顔色のトーン差」を検証する臨床試験
※2「オーガニックコスメに関する調査」先端医療学会(2016年1月)
※3 「医療と新薬」2016年6月号掲載
※4 「オーガニックコスメに関する調査」統計研究所調べ(2016年1月)
※5 トライアルキット部門2015年6月1日~2016年11月30日集計
※6 弊社調べ(2015年8月~2016年1月の107名の声集計)
※7 弊社調べ(2015年11月~12月の53名の声集計)


ブルークレール国産オーガニック化粧品とは
ブルークレール国産オーガニック化粧品は、豊富な美容成分の配合、白神山地の湧水、そして徹底的なオーガニック・無添加にこだわって作られた国産のオーガニックコスメです。
天然植物成分はじめ高品質な美容成分を豊富にバランス良く配合し、水には世界遺産「白神山地」の新鮮な湧水を使用しています。保存料には天然ローズマリー葉エキスや他の植物の自然の防腐力を使用して徹底的な無添加を実現いたしました。
bleu clair organics※において、合成保存料、合成界面活性剤、合成ポリマー、合成紫外線吸収剤、シリコンオイル、鉱物油、合成着色料、合成香料など化学剤は配合いたしません。さらにキャリーオーバー(全成分に表示義務のない間接使用の化学成分など)が一切入らない抽出を行っています。
より良い基礎化粧品を大切なお肌に朝晩使い続けることは、自分のお肌はもちろん、身体、心、そして自分の人生や生き方そのものを大切にしていくことになります。そういうやさしい気持ちを、ブルークレールは皆さまにお届けしたいと常に思っております。
10年後のより輝く笑顔をお届けしたい・・・お肌にやさしく、無添加でありながら実感のある、永くお使いいただくほどに価値をお分かりいただける、真のオーガニックコスメです。

93%以上の医師が「使い続けたい」と答えたオーガニックコスメ
スペース画像
豊富な天然植物成分はじめ美容成分をバランスよく配合し、お肌にやさしく、オーガニック・無添加でかつエイジングケアの実感ある化粧品であること
水には日本国内の新鮮な湧水を使用すること
天然植物成分にはオーガニック認証取得成分や、無添加にこだわり植物の恵みを最大限に引き出すために独自抽出した成分を配合すること
天然植物成分はもちろんその他の美容成分についても、徹底的な無添加のために必要に応じて独自抽出を行うこと
防腐剤・保存料には、ローズマリー葉エキスなど天然植物の力(フィト・エナジー)を利用すること
乳化には、大豆レシチンなど天然植物由来成分を使用すること
合成保存料、合成界面活性剤、合成ポリマー、合成紫外線吸収剤、シリコンオイル、鉱物油、合成着色料、合成香料は配合しないこと
酸化チタン・酸化亜鉛には、ナノ粒子を使用せず、直接肌に触れないよう天然由来成分でコーティングすること


ブルークレールのオーガニックコスメ基準

ブルークレールオーガニックコスメでは、オーガニック認定機関による認証を受けた成分に対してのみ「オーガニック」と呼んでいます。

さらに、ブルークレールではオーガニック認証が取得されている中でも成分を厳選しています。オーガニック認証が取得されていてもBGや安息香酸ナトリウムなどの化学剤が使用されている成分はブルークレールでは使用しません。化学媒体を用いないオーガニック成分を使用するか、化学媒体を排除した自社抽出を行なっています。

ダマスクローズ

和漢エキスやセラミドなどがそれに当たりますが、その場合「自社抽出」としてお客さまにわかりやすくご説明しています。

つまり、ブルークレールの8つのこだわりがブルークレールのオーガニック・無添加化粧品の基準となります。

ブルークレールは、徹底的にオーガニックでかつ無添加にこだわり、皆さまのお肌の立場に常に立ち、誠意を持って製品をお届けいたします。


*エイジングケア:年齢に応じた肌ケア

<オーガニック認定機関>
有機JAS

日本の有機・オーガニック農産物の認定機関。農場は最低3年以上農薬を使っていないこと、化学肥料は使わないこと、肥料を使用する場合は有機・オーガニック肥料のみを使用すること、栽培によって環境を破壊しないこと、その他環境・衛生管理の整備などにおいて厳しいオーガニック基準が設けられ、農林水産省認定の第三者認証機関による検査によって認証が行われます。

ECOCERT/エコサート

フランスのオーガニック製品認証団体。製品中で自然由来成分が95%以上であり、かつ植物由来成分の95%以上にオーガニック認証のある原料を使うこと、地球環境を守るため、環境汚染の可能性のある成分を使わないことなど膨大な項目をクリアすることが必要となります。

エコサート・ナチュラル認定

製品中で自然由来成分が95%以上かつ、植物由来成分の50%以上でオーガニック認証のある原料を使うこと、残留農薬検査をクリアしていること、遺伝子組み換え原料でないことなどが基準です。ブルークレールではオーガニック認証表示に合わせ、エコサートナチュラル認証取得の成分についてはエコサート認証として明示しています。

COSMOS/コスモス

COSMetic Organic Standardの略でエコサートをはじめとする5つのオーガニック認証団体*により2010年に設立されました。植物由来成分の95%以上にオーガニック認証成分を使用するなど、エコサート認証が基準となっています。
*5つのオーガニック認証団体:BDIH(ドイツ)、Cosmebio(フランス)、ECOCERT(フランス)、 ICEA(イタリア)、SOIL ASSOCIATION(イギリス)

ACO

Australia Certified Organicの略で、オーストラリアの最大のオーガニック認定機関です。95%以上がオーガニック認定原料で、残り5%に関しても厳しい基準をクリアした天然の原料でないといけません。ACOは食品基準でのオーガニック認定機関であり、口に入っても安全なレベルの厳しい基準を設けています。

USDA

United States Department of Agricultureの略で、アメリカの連邦農務省が定める全米統一オーガニック認定です。水分および塩分を除き、重量ベースで95%以上がオーガニック原料でなければならないこと、各原料においては農産物であれば収穫前の3年は農薬や化学肥料の使用されていない土地で有機栽培されること、家畜に関してもオーガニックとして生産された飼料を給与し、成長促進剤や抗生物質は使用しないこと等の細かなオーガニック基準が決められています。

BDIH

2000年にドイツで作られた自然化粧品のオーガニック認定機関です。可能な限り有機・オーガニック栽培または野生の植物から抽出した原料を使用すること、生態系に影響を与えないこと、合成着色料、合成香料、シリコン、パラフィン、石油製品、エトキシ化物質は使用しないこと、天然成分で防腐することなどの厳しいオーガニック基準が設けられています。

IMO

1990年にスイスで設立されたオーガニック認証機関です。有機・オーガニック農作物であること、環境にやさしい製品の点検を行うこと、オーガニック証明と良質な保証のための有名な国際的オーガニック認証機関の一つです。アメリカのUSDA認証にも公認されています。

バルカンバイオサート

バルカンバイオサートはアメリカのNOP (National Organic Program/ナショナルオーガニックプログラム)の規則に準拠しており、上述のUSDAと同等のオーガニック審査基準を設けています。



bleu clair organics リニューアルのきっかけとこだわり

オーガニックや無添加の安心と同時に、エイジングケアのより深い実感をお届けしたい。

これが2015年に行ったbleu clair organicsのリニューアルのきっかけでありコンセプトです。

ブルークレールは2005年の製品開発開始より、”無添加でかつ実感のある化粧品”というコンセプトを一貫して持ち続けてまいりました。今回さらにオーガニックと無添加、エイジングケアの面において10年ぶりにバージョンアップしたのが新しいbleu clair organicsです。


オーガニック・無添加にこだわるだけでなく、安心やクオリティの高さは当然のことであり、大切なことはお客さまにエイジングケアの実感をしっかりといただけること。
“オーガニック・無添加だからエイジングケアが出来なくても仕方がない”ではなく、オーガニック・無添加でかつ潤い、みずみずしさハリとツヤをより深くご実感いただける化粧品であること。

bleu clair organicsは全成分からキャリーオーバー(全成分に表示義務のない間接使用の化学成分など)※を排除しています。そのために私どもは、多くの天然植物成分その他の成分において、独自技術での自社抽出もしくは特別注文での製造を行っています。それは、安心とクオリティの高さと同時に、エイジングケアのより深い実感をお届けするためです。


キャリーオーバー:原料や製造の過程で保存や抽出の目的で微量配合され、商品の全成分への表示義務のない化学成分などのこと


ブルークレールでは、天然植物成分の繊細で神秘的なフィトエナジーの恵みを優しく理想的な形でお肌に届けることに注力しています。
天然植物成分には、お肌を整え潤いやハリを届ける力だけでなく、大豆由来のセラミドや微生物由来のペプチドやヒアルロン酸など肌を構成する成分、ビサボロールやα–アルブチンのように透明感を届ける成分、海藻エキスや植物由来幹細胞などエイジングケアのできる成分、強い太陽光線や厳しい環境の中でも生き抜く生命力を持つ果実から採れたオイルなど、優れた成分が多くあります。


オーガニック・無添加の安心とエイジングケアの深い実感を共に得ていただくために、天然植物の恵みを多角的にバランスを取って配合することは、効率的なエイジングケアであると考えています。
そしてbleu clair organicsは、全成分からキャリーオーバー(全成分に表示義務のない間接使用の化学成分など)を排除するために、多くを自社抽出もしくは特別注文で作っています。その過程は様々な意味で楽なものではありませんが、こうして出来上がるbleu clair organicsの化粧品を皆さまのお肌に安心してお使いいただき、ご実感いただけることがブルークレールの喜びです。
オーガニックコスメのメーカーとしてのアピールや謳いやすさへの意図、また自己満足などは持たず、常にお客さまのお肌を最も大切なこととして、「何が、どうすれば皆さまのお肌にさらに優しくそして根本的にご実感いただけるか」と考えたときに、天然植物成分、潤いを構成する成分、その他の美容成分を主観的なこだわりから離れて客観的にバランスよく配合し、同時に徹底的なオーガニック・無添加で組み立てられた化粧品を開発することは、むしろ私どもにとっては当然のことであり、ブルークレールにとっての自然な方向性と根本のコンセプトとなります。


皆さまのお肌のために、そして一層輝く笑顔と心のために、一つ一つの成分にこだわり、オーガニック・無添加の安心だけでなく、エイジングケアのより深いご実感、そしてお使いいただくほどに価値のある化粧品をお届けしてまいります。



bleu clair organics(ブルークレール オーガニック)について ~お肌への本当の優しさを考えた選択~

「なぜオーガニック認証の取得された植物エキスを使わないのか」
理由はオーガニックの原料でも抽出過程にエタノールを使用しているものが多くあるためです。オーガニック認証の取れた植物原料で抽出過程に化学剤を一切使用していないものが入手できる場合はそれらを使用していきます。

今後他のブルークレール化粧品も順次オーガニックつまりbleu clair organicsの表示をしていきますが、すでにこれらはオーガニックコスメであると私どもは考えておりますしまたオーガニックの原料でも抽出にエタノールを使用しているものが多いために、特に水溶性のスキンケア商品である美容液・化粧水にエタノールを配合したくない私どもとしては今後も自社で溶媒・キャリーオーバーフリーの独自抽出を続けてまいります。
その場合はその成分に関してはオーガニックと謳えませんが、原料レベルで厳密に栽培過程やその土の状態の確認を行います。

一方でブルークレールが何よりも大切にしていることは、皆さまのお肌の実感と使い心地です。

オーガニック・無添加へのこだわりは皆さまへの毎日使い続けることの安心のお届けです。そして同時にお客さまのお肌の実感・使い心地の良さというものを常にお客さまの立場に立って考え開発・改善をしていくことが大切です。
製造側の自己満足になってはいけません。使う側の実感と使い心地の良さが大切なのです。オーガニックにこだわるあまりにテクスチャのレベルやその改善が二の次になってはいけないのです。


~豊富な天然植物成分、天然湧水そして徹底的な無添加にこだわる~
ブルークレールはこれらのバランスを今までもそして今後も大切にしてまいります。


ブルークレール国産オーガニック化粧品 誕生のきっかけ
世の中のさまざまな化粧品を見ると、下記のどれかに当てはまるものがほとんどです。

有名ブランドで安全性がしっかり試験され、信頼して使える一方、大量に流通するため、パラベンなどの化学剤でしっかりと保存がされていることが多い。
有名なメーカーではないが、有効成分に特徴があり、効果が期待できる。一つの成分にこだわっている化粧品もある。やはり化学剤で保存がされていることが多い。
ヨーロッパその他のオーガニックコスメで、ハーブを主体とした配合がされている。肌にやさしく化学剤は無添加だが、その分効果はマイルドだと感じることがある。

化学剤をできるだけ避けたオーガニック・無添加化粧品を探すと、ヨーロッパのオーガニックコスメに行き着きましたが、

「天然の植物成分はじめバランスのとれた美容成分を、豊富に配合された化粧品が欲しい」
「“徹底的なオーガニック・無添加”化粧品が欲しい」
「日本の湧水を日常でお肌に使ったほうが、日本人の肌にもより良く、合っているのでは?」


と長い間思ってきました。

そうして誕生したのが「ブルークレール国産オーガニック化粧品」です。

オーガニック天然植物成分が主の豊富な美容成分の配合を、天然ローズマリー葉エキス(製造元特許取得)で保存することで、徹底的な無添加を実現しました。
水はお肌にやさしい日本一の軟水と言われる、世界遺産「白神山地」の新鮮な湧水を、製造の度に取り寄せ100%使用しています。


ブルークレール国産オーガニックコスメの一つの商品開発には、1年から数年の時間がかかり、研究、企画、試作、モニタリング、そして改善を何度となく繰り返します。
お肌に対する効果測定はもちろんのこと、化学剤を徹底的な無添加で行う乳化や、テクスチャ(使い心地)の改善が非常に難しいためです。

このように開発したブルークレール国産オーガニック化粧品を、皆さまにお使いいただき、より一層すこやかに、きれいになられることが、何よりの喜びです。

ブルークレール国産オーガニックコスメは、これからも「豊富な美容成分、天然湧水、そしてオーガニック・無添加」にこだわってまいります。

※リペアモイストWエッセンス、ローズエステリッチローション、ローズクリームリペアコンセントレート、ローズヒップトリートメントオイル、ローズリッチUVパウダー 、ローズバーム、ローズ クレンジング&マッサージオイル、ティートリーモイストソープ、ローズリペアアイクリーム


パッケージデザインのコンセプト
白神山地
世界遺産白神山地の十二湖の一つ、
青池(あおいけ)の神秘的で清廉な深い青、
水面に映る木々の緑と、透明感とやさしさのある光が
照らす様を表現しました。
皆さまに、オーガニックと無添加への徹底的なこだわり、
透明感、潤いや輝きのあるお肌のイメージ、
そしてエイジングケアの深い実感を
お届けしたいというブルークレールの願いを
お伝え出来ればさいわいです。
まずは80%OFFのトライアルセットから

ページTOPへ