商品一覧

掲載情報

社会貢献活動/フェアトレード

メールマガジン登録

成分表

シロキクラゲ多糖体

シロキクラゲタトウタイ シロキクラゲ(白木耳)は、日本を始めとするアジア温帯地域の広葉樹林に見られるシロキクラゲ科シロキクラゲ属のキノコです。シロキクラゲ多糖体は、シロキクラゲの子実体より得られます。
春から秋にかけて、広葉樹倒木や枯枝に発生します。形は不規則で花びら状と表され、子実体はゼリー質で白く半透明です。主に日本や中国では家庭料理からデザートの素材として使われ食用されています。キクラゲとは生物学上全く別種のもので、非常にやわらかく美しい白色透明の子実体を形成します。シロキクラゲは、3000年前の古代中国において、楊貴妃が美容のために珍重し、王宮料理に利用したという史実(歴史上事実とされること)があります。楊貴妃は、シロキクラゲを食するだけでなく、朝起きるとシロキクラゲを漬けた水で毎朝洗顔していたと言われます。

ビタミン類ではビタミンD、ビタミンB2、葉酸、パントテン酸など、ミネラル類ではカリウム、カルシウム、鉄、亜鉛などを豊富に含みます。ヒアルロン酸などと同様ムコ多糖体に属する成分で、植物ヒアルロン酸とも言われますが、ヒアルロン酸以上の保湿性に優れているとの実験データもあります。

ブルークレールでは化学溶媒やキャリーオーバーの一切無い、エコサートナチュラル認証が取得されたシロキクラゲ多糖体を使用しています。
本成分の含まれる商品一覧

ページTOPへ