商品一覧

掲載情報

社会貢献活動/フェアトレード

メールマガジン登録

成分表

ニュウコウジュ油(乳香、フランキンセンス油、オリバナム油)

ニュウコウジュ油(乳香、フランキンセンス油、オリバナム油) ニュウコウジュ油は乳香樹の種子から抽出される精油です。別名オリバナム、もしくはフランキンセンスと呼ばれます。
オリバナムは、「レバノンの油」もしくは「乳」を意味し、フランキンセンスは「真正の香り」を意味します。
甘くウッディで神秘的な香りと、なぜかそこはかとない柑橘系のさわやかな香りを持ちます。

エジプトでは、いまから5000年もの昔から、乳香をブント島というアラビア地方から輸入していました。
神にささげるお香、化粧水、そして悪霊を払うために使われるほか、なによりもエジプトのお金持ちの女性たちはこれを、エイジングケア*のための美顔パックに使っていたことが、ローマの詩人や学者の著書にも記録として残っています。

また、聖書にも乳香のことを神聖な香としてつづられています。
乳香の有名なエピソードとして、イエス・キリストが生まれた時に、東方の賢者が、「金、ミルラ(精油)、乳香」の3つを献上したと言われるほど、乳香は貴重品として、そしてその高い効能があがめられたものでした。

陰陽五行的には特徴としてはやや陽性であり(精油は陽性・陰性、熱性・冷性に区別されます)、胃腸不良・乳房や子宮などの女性の大切な部分不良・また人の唾液や粘液にかかわる不調(鼻炎やせきなど)などに良い方向に働きかけるとされています。(※化粧品としての効果ではなく、食品の原料としての効果です。)

中国では長い間、乳香が悪霊を払う香に使われていたと言うのは、その神秘性はもちろんですが、その現実的な効能の高さと、また感情を心より導く力があるからだと言われています。

ダマスクバラ花油などとは働き・香りともに非常に相性が良く、合わせて使うことで相乗的な働きが期待できます。

ブルークレールでは化学溶媒やキャリーオーバーの一切無い水蒸気蒸留抽出の、オーガニック認証が取得された主に西アジアから東アフリカのニュウコウジュ油を使用しています。
本成分の含まれる商品一覧

ページTOPへ