2019年06月11日

ブルークレールがおすすめするオーガニックコスメの定義とは?共感した商品紹介

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スキンケアを本格的に始めようと思い、オーガニックコスメについて調べてみると、とても多くのメーカーや種類があることに驚くと思います。

実際に最近では安心安全や自然派に対する意識の高まりから、オーガニックコスメの人気は伸び続けていて、それに伴いさまざまなメーカーからたくさんの種類の化粧品が販売されています。

また多くの有名芸能人や海外セレブたちが、オーガニックコスメを愛用していることもその人気を助長している理由の1つです。

しかし一方で種類が多過ぎることにより、はじめてオーガニックコスメを試してみようと思った方は、一体どのオーガニックコスメを選んだら良いのか迷ってしまうことでしょう。

そこで今回は弊社ブルークレールの商品や、それ以外にも商品開発にあたってインスピレーションを受けたオーガニックコスメをご紹介しながら、正しいオーガニックコスメの選び方についてお伝えしたいと思います。

そもそもオーガニックコスメとは何か?

一般的にオーガニックコスメとは、自然由来の成分を中心に用いて、化学的な成分をまったく(あるいはほとんど)使用せずに配合した化粧品のことを言います。

しかしながらその名前とは裏腹に、合成保存料や合成界面活性剤、香料などが含まれているオーガニックコスメも多く存在します。

それはなぜかというと、日本ではオーガニックコスメに関する法的な基準が存在せず、メーカー側の判断によってオーガニックコスメの定義にばらつきがあるためです。

よって本当に良いオーガニックコスメを利用するためには、消費者の皆様自身が本物を見極める目を養う必要があります。

弊社ブルークレールでは、独自に厳格な基準を用いてオーガニックコスメの生産と販売を行わせていただいています。

詳しくはこちらのページをご覧ください。

https://www.blcl.jp/user_data/standard.php

ブルークレールが共感したオーガニックコスメ

ここまででお伝えしてきた通り、オーガニックコスメは、その定義がメーカーによってばらつきがあるため、オーガニックコスメといっても必ずしも品質を保証するものではありません。

しかしながら、本当に良いオーガニックコスメというのも同様に存在します。

ここからはブルークレールが共感したオーガニックコスメをその理由とともにお伝えして、実際にインスピレーションを受けた商品について開発した商品もあわせてご紹介します。

美容液&化粧水

テンプルビューティフル オーガニックローズウォーター

https://www.caycegoods.com/id.ECBF025.html

ブルークレールは植物の持つ偉大なパワーとエネルギーを大切にしています。

ダマスクバラ花は、アロマの中でも最も用途が広く、年代や肌質を問わずにその悩みに対応する植物です。最も高価でもあります。

エドガー・ケイシー氏の理念を大切にして、開発した製品を販売しているテンプルビューティフルが販売しているオーガニックローズウォーターは、ブルークレールが全商品に使用しているダマスクバラ花水と特徴が似ています。

ただし、保湿力をほぼ持たないローズ水だけでは、皮脂や表皮の中でセラミドやレシチン、真皮の中でコラーゲンその他の複雑な成分で構成されるお肌には保湿ケアとしては不足です。

そして、日本人に合う和漢や失いがちなビタミン、ミネラル、アミノ酸などの美容成分も補給したい。ベースになる水はダマスクバラ花水と合わせて、日本人に合う軟水の湧き水を使いたい。

そういう気持ちが現在のリペアモイストWエッセンスとローズエステリッチローションに発展しました。2007年から何度もリニューアル・改良を重ねたロングセラーです。

https://www.blcl.jp/products/detail5.php

https://www.blcl.jp/products/detail6.php

クリーム

Crème de la Merクレーム ドゥ・ラ・メール

https://www.delamer.jp/product/5834/12343/creme-de-la-mer/moisturizer-for-dry-skin#/sku/26766

NASAの宇宙物理学者が、自身の化学薬品による火傷を治すために開発した海藻由来成分を配合した、世界中の女性、そして女優やセレブがこぞって求める“奇跡のクリーム”。

海藻由来の成分とミネラルオイル(石油由来のワセリンとほぼ同じ流動パラフィン)がベースとなっています。

ブルークレールはこのクリームを2005年に見たときに、「全て天然植物オイルや抽出成分だけで、化学成分を一切使わずに、このクリームを超えるものをつくろう」と決心し、ローズクリームリペアコンセントレートを開発しました。

https://www.blcl.jp/products/detail44.php

UVパウダー、UVクリーム

Dr.ハウシュカ ローズデイクリーム

https://www.paraube.com/product/293/

世界で最も有名なオーガニックコスメメーカーの一つであるDr.ハウシュカ。

中でもこのクリームは優しい成分構成でありながら、しっかりとした保湿感と満足度の高い使用感があり、長年のロングセラーです。

ブルークレール化粧品はこのクリームをしばらくの間使い、「これにUV機能を持たせて、さらに西洋的なアロマの香りの強さを、日本人らしくより繊細につくりたい」と考えました。

そして長年の開発期間をかけてつくられたのが、保湿感が持続する日中の美容クリームUVラグジュアリーデイクリームIIです。

https://www.blcl.jp/products/detail7.php

 

Dr.ハウシュカ リキッドファンデーション(製造終了)

https://www.cosme.net/product/product_id/2  901125/top

数年前に製造が終了してしまったリキッドファンデーション。

リニューアルした理由は、以前のものの保湿感が高すぎて化粧崩れがしやすかったことと、西洋人の肌に合わせた色(とても白い肌か、とても日焼けしている肌用の2つ)にあるでしょう。実際@cosmeでの評価もそれほどではありませんでした。

ですが、とことん保湿感にこだわり、配合する薬草から香る独特の香りからも、Dr.ハウシュカが、日中のスキンケアは紫外線から肌を守るだけでなく、そのほかのあらゆる環境ストレスから守ろうという、ドイツの職人気質な気持ちが伝わります。

ブルークレールはそれに共感し、「日中のあらゆるストレスからお肌を守りながら、より美しい肌に育てていく」ための製品の開発を始めました。

それが紫外線ガード力国内最高値(化粧品工業連合会基準)であると同時に、ブルーライト、近赤外線からも肌を防御し、さらにお肌に潤いとハリや透明感を届けるのがローズリッチUVパウダー、そしてUVラグジュアリーデイクリームIIです。

この2つは普通の方法で別々に使ってもいいですし、お好みの量を混ぜて、さらにローズクリームリペアコンセントレートやローズクレンジング&マッサージオイルを適量加えて、手のひらで混ぜたクリームファンデーションとして使うこともできます。

https://www.blcl.jp/products/detail25.php

https://www.blcl.jp/products/detail7.php

美容オイル

ヴェレダ ワイルドローズ インテンシブオイル(製造終了)

https://www.cosme.net/product/product_id/281642/top

このカプセルオイルを使った時の、激しいほどに香るワイルドローズの香りと肌の実感は忘れられません。

Dr.ハウシュカと同様ドイツのオーガニックコスメの老舗であるヴェレダの商品は、実はドラッグストアにも並ぶ身近なもの。

ヨーロッパでは、オーガニックコスメは敷居の高いものではなく、気軽に消費者に選ばれるものなのです。

このギュッと凝縮された香りと実感をさらに高めて、希少価値のある天然植物オイルとビタミンやセラミドの機能性を持たせた、高機能性オーガニックカプセルオイルがローズヒップトリートメントオイルです。

https://www.blcl.jp/products/detail16.php

クレンジングオイル

アンナトゥモール ナチュラルクレンジングオイル

http://anna-t-cosme.co.jp/archives/portfolio_category/natural-cleansing-oil

天然植物オイルに、植物性由来の界面活性剤である水添レシチンを配合して、“洗い流せるクレンジングオイル”にしている商品です。

洗い流せるオイルを作るには、石油由来もしくは植物由来でも強い界面活性剤を使わなくてはなかなか製品化できません。ここまで強い界面活性剤になると、石油由来も植物由来も大きな違いがなくなってきます。

その中でアンナトゥモールが、水添レシチンで洗い流せるクレンジングオイルを作ったことに、ブルークレールはある意味尊敬を覚えました。

洗い流せるクレンジングオイルは、大切な皮脂も奪います。

界面活性剤には、どこまでが不要なメイクなどの汚れで、どこからが大切な皮脂であるのか、当然区別がつきません。お肌に必要な皮脂ごと、しっかりとお肌から落としてしまいます。

そのようなクレンジングや洗顔を毎日続けていれば、お肌は乾燥し、バリア機能を失い、様々なトラブルを招き、そしてその原因がわからない、ということになります。

それは水添レシチンのような、刺激の強い界面活性剤よりは多少優しい成分であっても、毎日の積み重ねでは同じことだとブルークレールは感じています。

結果的に、クレンジングは、100%天然植物成分で優しくマッサージするようにして汚れを絡め取り、それをごく優しく洗顔やパックをして落としていくのが、お肌に刺激が少ないと考えました。

そうして開発したのが、ローズクレンジング&マッサージオイルです。8種類のオーガニック・エコサート認証の天然植物オイル100%の美容オイルとしても使えるオイルです。

https://www.blcl.jp/products/detail13.php

おすすめのオーガニックコスメは配合成分と使い心地がポイント

今回の記事ではいくつかのオーガニックコスメをご紹介いたしましたが、オーガニックコスメを選ぶ上で重要なポイントをまとめたいと思います。

まずオーガニックコスメを選ぶ上で重要なことが、そのオーガニックコスメに含まれている成分です。

当然豊富な美容成分が含まれていること、またあわせて、石油由来、化学由来の成分が含まれていないことがポイントになります。ブルークレールでは、成分に合成由来を使用しないだけでなく、キャリーオーバーと呼ばれる、全成分に表示義務のない、栽培段階での農薬の使用や微量の化学溶媒などについても厳密に排除しています。

また同時に重要なこととして、利用する方のお肌の実感と使い心地、テクスチャの良さがあげられます。

いくら良い成分を使用し、悪い成分を使用していなくても、化粧品は毎日使い続けるものですから、利用する方が気持ちよく使うことができなくてはいけないからです。

 

ブルークレールのオーガニックコスメは、豊富な美容成分の配合とあわせて徹底的なオーガニック・無添加にこだわりつつ、使用感にも十分考慮した上で製品の研究開発をおこなっております。

これからオーガニックコスメを使ってみようとお考えの方は、是非ブルークレールのオーガニックコスメをお試しください。

https://www.blcl.jp/brand002/index.php

最後までお読みいただきありがとうございます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
サブコンテンツ