2019年04月24日

夏に、より美しいお肌の土台を作る。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今のところ、曇りや雨の多い、湿度の高めのGWになりそうな天気予報です。

気温は上下し、体を冷やさないよう注意も必要です。

それでも、曇りに降り注ぐ太陽光は強く、晴れる可能性も十分にありますから

紫外線・太陽光対策はしっかりしてGWを過ごしましょうね。

 

今から、夏バテをしないお肌を作ることがとても大切になります。

夏に老けない人は老けない、そういうと極端ですが、決して間違いではありません。

強烈な紫外線や太陽光、冷たいものの取りすぎによる内臓の疲れ、

熱帯夜での寝不足、冷房による乾燥、そして激しい発汗、

それらによる肌の表面だけでなく体の中からのインナードライ。

これだけの厳しい要素があります。

 

夏バテしないお肌を作るために、そして

夏に老けないために、

とてもシンプルで基本的、そして最重要なこと3つを

ブルークレールはおすすめします。

 

1 紫外線、太陽光対策

最も直接的で大切なことになります。

強い日差しからお肌を、

UVラグジュアリーデイクリームII

ローズリッチUVパウダー

などでしっかり守りましょう。

帽子、サングラス、日傘、服装などの工夫や使用も必要です。

また、日中の外出をできるだけ上手にコントロールするなども考えましょう。

 

2 白湯をいただく

内側からの乾燥、インナードライ対策です。

高熱の外気とは逆に、夏バテの内臓は冷えています。

冷えた内臓を温めようと、血液や体液は体の内部に集中し、

結果外側の皮膚は強い乾燥状態を起こします。

疲れて免疫力の落ちた体は、お肌を守る肌力もそのまま落としています。

インナードライは、お肌の危機要素です。

内側と外側からの保湿が大切で、できることはたくさんあります。

一つは内臓を冷やさない努力をすること。

真夏でも体の中が冷えていると感じる時、もしくは自覚がないときでも

白湯をいただくことはとてもおすすめです。

一方で暑い夏に冷たいもので適度に上がりすぎる体温調節をすることは

熱中症予防に重要ですから、メリハリをつけましょう。

そして、もう一つ大切なことはスキンケア、お肌の保湿ケアです。

夏はお肌が潤っているから、とクリームやオイルを使わない人が多いのですが、

それはお肌が潤っているのではありません。汗で、必要以上な皮脂が

出てしまっているのです。これもインナードライをさらに強めています。

夏にも、リペアモイストWエッセンス(美容液)

ローズエステリッチローション(化粧水)はもちろん、適度に油分を使ってお肌を保湿しましょう。

ローズヒップトリートメントオイルは実は夏の集中ケアにとてもおすすめです。

良質のビタミン、ポリフェノールの豊富なオーガニックのオイル11種類に加えて、

ビタミンC誘導体、スーパービタミンEと言われるトコフェロール、レチノール(ビタミンA)そして

セラミドを高濃度に配合していて、お肌にダイレクトな実感があります。

 

 

3 よく寝ること

熱帯夜には目が覚めたりしませんか?

冷房をつけたり消したり、眠りも浅くなることがあるかもしれません。

夏はいつもより少し多めに睡眠を取るくらいに調整すると

夏バテしにくく、お肌の体力もアップします。

 

 

紫外線・太陽光対策、白湯をいただくこと、よく寝ること。

シンプルですが、継続するほどにお肌の状態をよくしていきます。

夏に老けないお肌を作る、それ以上に

夏に、より美しいお肌の土台を作る。

それをキャッチフレーズに、これからの季節を迎えていきましょう。

 

 

商品一覧

ブルークレール国産オーガニック化粧品webサイトはこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
サブコンテンツ