2019年04月11日

風の強い季節の洗顔方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 

「ローズ クレンジング&マッサージオイルはお風呂で使えますか?」

というご質問をいただきました。

先日もコラムでご紹介しましたが、はい、ローズ クレンジング&マッサージオイルは

お風呂でお使いいただけます。

むしろ花粉や埃を含む風の強いこの季節は特に、お風呂でお使いいただくことがおすすめです。

なぜなら、花粉や埃をたくさんつけたお顔を、まずは温度低めのぬるま湯でこすらずに流してから

クレンジングをしていただきたいからです。

そのままクレンジングをしてしまうと、お顔の花粉や埃が研磨剤になりかねません。

少し想像してみてください。顔についた見えない花粉や埃と一緒にオイルを絡めて擦り続けるのです。

小さく小さく確実に研磨剤のようになって、お肌を傷つけていきますよね。

この季節は特に、できれば一年中、入浴にローズ クレンジング&マッサージオイルを持ち込み

軽くお顔を流してからオイルを顔につけることをおすすめする理由です。

 

体の芯から温まる入浴中に、そして蒸気の立つ中でのクレンジングにも

相乗効果があります。

ローズ クレンジング&マッサージオイルは、濡れた肌にもしっかりと絡んで馴染み、

奥からメイクや汚れを取り除いていきます。そして潤いを残します。

 

ホホバ油やスクワランだけのブレンドですと、水分と合わさりやすくメイクを落とす力が弱まりますが

ローズ クレンジング&マッサージオイルは、オーガニックのアルガンオイル、オリーブオイル、

ひまわり油、そしてアボカド油などのこっくりとした植物オイルを使用しています。

これら4つのオイルは比較的重めのお肌に絡みやすいオイルです。

これらが、濡れた肌にも変わりなく奥まで自然に入り込んでいく特徴があります。

そしてその奥まで入り込む時に、他のオイルの良さも届けます。

ローズヒップ油のビタミン、マカデミアナッツ油のパルミトレイン酸、

ホホバオイルの皮脂のような優しさ、そしてダマスクバラ花油のエイジングケア力。

これらが、無理なく必要なところに届きます。

 

ローズ クレンジング&マッサージオイルでクレンジングオフした後は

できればこすったりせずに、そのまま洗髪したり、体を洗ったり、

お湯に浸かって汗を流しながら自然に油分を落としていきます。

そして入浴の後半に、軽くティートリーモイストソープで洗顔すると良いでしょう。

もしくはそれさえも要らないと感じる時があるかもしれません。

石けん洗顔は、毎日する必要がないと感じればそれで構いません。

温かく濡らして絞ったタオルパックで最後に優しく拭き取っても良いですし

無添加のパックで一緒に落としても結構です。

 

ティートリーモイストソープは、お顔だけでなく体や髪を洗うことにもお使いいただけます。

とてもおすすめです。一度使うと良さがわかり、

旅行先にも持っていかなくては心配になる程です。

植物性スクワランとアルガンオイルがベースで

多くの和漢や月桃、セラミドや黒糖、真正ラベンダーやティートリーを配合した

素晴らしい無添加純石けんです。

ですが、これも毎日体と髪を石けんやその他の洗剤で洗う必要もありません。

ティートリーモイストソープだけでなく洗剤全体のことをお伝えしています。

頭皮や髪を含む体の皮脂を、毎日しっかりと洗剤で落としきる必要はありません。

洗剤はその人の心地よい、ちょうど良いと感じるペースでお使いになると良いと考えています。

タオルをお湯に濡らして優しく肌を擦るようにして体を洗ったり、

お湯だけで頭皮や髪を洗うことも、取り入れてみませんか?

いつもの入浴法にそれを組み合わせると、より体や肌に優しいと感じるかもしれません。

 

お風呂上がりには、リペアモイストWエッセンスやローズエステリッチローションなどの

美容液や化粧水は、これは毎日しっかり使いましょう。

お風呂上がりは実はお肌がとても乾燥していて、さらに体が乾く段階で

お肌の水分がすごい勢いで蒸発してさらに乾燥しやすくなっています。

まずはお顔に水分と美容成分を補給して、

そしてできれば週に何回かでもローズ クレンジング&マッサージオイルなどで

体にも保湿ケアをしましょう。

 

続く乾燥と強い日差し、刺激の多いこの春のスキンケアは

一年のスキンケアに通じます。

 

商品一覧

ブルークレール国産オーガニック化粧品webサイト

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
サブコンテンツ