2019年04月02日

オーガニックコスメ美肌コラム:ドレッシングに気をつける

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 

時々外食をすると、味の濃さに驚くことがあります。

毎回ではありません。お店によっては素材の味を引き出し、香り、酸味、辛味で工夫して

塩分低く味わい深いお料理を出すところもあって、そういう時は感動感心しますが、

多くのお店や市販のお弁当・お惣菜などは味が濃いですね。

そして、マクロビオティックに沿って自炊をしているとわかるようになるのですが、

化学調味料が使われていることがほとんどです。

外食が続くと、この味に慣れてきます。

濃い味と化学調味料。蓄積するとお肌に良くないことはもちろんです。

良くない油や化学調味料は、体の奥に蓄積しやすいんですよ。

 

食事は食材から気をつける、と言いますが、実はまず

調味料から改善をしていくのが効率的です。

お塩、お醤油、お味噌、オイル、お酢、みりん、ソースなどですね。

梅干しや梅酢なども気をつけた方が良い調味料だと思います。

上にあげたものは、いずれも添加物を含みやすく、

安心のできるメーカーから、さらに成分を良く見て、

さらに味も良いものを良く吟味して選ぶ必要があります。

 

落とし穴は、ドレッシングです。

ドレッシングには、実は大量のお砂糖と化学的なものが含まれていることが多いのです。

体に良いサラダを頼んでも、そこにたっぷりと砂糖&化学調味料入りのドレッシングがかかっていると

それは自己満足だけの食事になってしまいます。

砂糖、油、化学調味料、多すぎる塩・・・これらが合わさると、中毒になるほど人に「美味しい」と思わせます。

ジャンクフードはほぼ全てこれらのコンビネーションです。

4つのどの比率が人により中毒性を起こさせるか、継続購買をさせられるか

の研究がなされて、開発がされているかもしれません。

透けて見える実態を私たちは俯瞰して、自分たちの癖を修正していく必要があります。

 

全てゼロにする必要はありません。

なんでも美味しく楽しむおおらかさは大切です。

ですが、出来るときに、自分の軸はどこかを考えて

自分を守っていくことが、美肌づくりで大切な自分を守ることであり

より良く生きていくことそのものだと思います。

 

生野菜は、適量のお塩、新鮮なオリーブオイルなどの植物オイルだけで美味しくいただけます。

それにレモンやお酢、良質のものがあればバルサミコ酢、そして場合によってはニンニクやショウガを刻んでも

良いかもしれません。

本当はランチでも、付いてくるサラダには「ドレッシングはかけないでください。」と言えればいいのですが

忙しいランチ時にお店にそう言うのは気が引けることも多いですよね。

すでにドレッシングをかけた状態で準備していることも多いでしょうし。

そういう時はおおらかにいただくか、少しだけでもドレッシングを避けてみましょう。

 

疑わずに今までの習慣を続けるのではなく、

少しだけ確認の目を持って自分を守る。

それは美肌づくりだけではありませんし

より良い生活を積み重ねていくコツかもしれません。

 

ブルークレール国産オーガニック化粧品webサイト

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
サブコンテンツ