2019年03月30日

日中の保湿対策がキレイなお肌を育む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「これからのお肌」を守るために、日中の保湿ケアを。


みなさまは、毎日メイクされますか?

家事などであまり外へ出られない日や、
お子様の送迎などで走り回るような予定の時、
お仕事や行事などでバッチリメイクの時など、
いろいろな場面で、女性は日々メイクの仕方を変えて過ごしますよね。

実は普段からあまりメイクはしないんです・・
メイクはアイブロウとチークと口紅だけ・・・
という方や、
紫外線対策だけは気が抜けない!
という方もいらっしゃるでしょう。

何にしろ女性でしたら、
いつでも美しいお顔、お肌でいたい、
という気持ちには変わりがないと思います。

お手入れは何より保湿ケアが大事!ですよね。

そんななか、
朝と晩の洗顔や保湿には気をつけても
日中は気をつけていらっしゃるでしょうか?

日中は、さまざまなトラブルを招くであろう
外的環境(紫外線、ブルーライト、近赤外線などの太陽光、
その他、花粉、PM2.5、埃、熱や湿気など。)
にお肌がさらされやすい状態。
この季節は、乾燥と花粉、強くなる太陽など、
お肌が敏感にもなりやすい時期ですので、
保湿ケアは基本中の基本。

ですが、日中って、どんなお手入れをすれば良いのか?
ひと工夫の保湿ケアに気をつけるだけで、
夜のお肌、はたまた翌日のお肌や、
未来に向けて<これからのお肌>の状態も
変わってくるはずです。

日中の乾燥を招かないためにも、朝のお手入れが大事。


乾燥を激しく感じる季節に、
ふと気づいた時にお顔をさわったら、
乾燥でパキパキになっている。。
そんな経験をされたことがある方は多いのではないでしょうか?

そのような状態が続くと、
乾燥からお顔のバランスが崩れて
メイクが崩れたり、シワ、シミを目立たせたり・・・と困りもの。
長い目で見て、お肌のエイジングを促進することにも!?

日中のお肌を乾燥の危険から守るためにも、
朝、保湿効果の高いアイテムを使ってお手入れすることが大切です。

おすすめは、UVカット効果のある美容保湿クリームを塗ること。
オーガニック化粧水や美容液のあとに、
メイクの下地としても良いでしょうし、
色のあるものでしたら、それだけでベースメイクはOKでしょう。

たっぷりと塗って、
お肌の水分が蒸発しないように保護してください。

もちろんオーガニック成分で、
合成界面活性剤やを使用していないものがお肌の負担になりにくく、
日中長時間のお肌を守るアイテムとして◎ですよ♪
さらに、エイジングをすすめてしまう要素である様々なな光から守ってくれる
UV効果のあるアイテムに出会えたなら、使用をおすすめします。

*おすすめ*
徹底的なオーガニック・無添加のお肌にやさしいUV下地クリーム。
合成界面活性剤や合成紫外線吸収剤などを一切配合せず、
徹底したオーガニック・無添加で乳化しています。
「UVラグジュアリーデイクリームII」

日中の乾燥を隙間時間にチェック。油分でちょい足しケア!


メイクをしていれば、お昼ご飯後や、ひと段落後のメイク直しタイミング、
それだけではなく、ちょっとした隙間時間に、お顔の乾燥具合をチェックしてみてください。
油が浮いているはずなのに、なんだか乾燥気味・・・
なんてことを感じるかもしれません。

そんな時には、浮いた油を軽くティッシュ等で抑えたあと、
扱いやすいオイルやバーム類で、メイクの上からでも保湿してあげましょう。
少量を手にとり、
目の周りや口周り、ついでに唇や手など乾燥の気になる部分にオン。
お顔の場合、メイク寄れが気になるようでしたら、
保湿した上から軽く、パウダーやファンデーションなどを塗って落ち着かせてください。

ちょっとしたこの一手間で
夜寝る前のお肌状態が変わってきますし、
日々感じるお肌の健やかさも、底上げされていくはずです。

*おすすめ*
お顔全体から目元口元、手や髪などにオールマイティに使えるオーガニックバーム。
お肌になじむやわらかいテクスチャとやさしく高貴な二種類のローズの香り。
「ローズバーム」

お肌がゆらぎやすい季節の変わり目。
ぜひ日中の保湿対策をお試しくださいね。

 

ブルークレール国産オーガニック化粧品

ブルークレール10周年企画

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
サブコンテンツ