2019年03月08日

オーガニックリップグロス 唇を天然植物オイルで守る

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 

オーガニックリップグロス「ローズリップグロス」が

来週より予約開始されます。

唇本来の色を明るくするピュアピンクと、

フェミニンで鮮やかなオーガニックレッド。

予約開始しましたら、メルマガでもお知らせいたします。

オーガニックのハチミツと天然植物オイルが

ぷるんとした唇のツヤを出します。

明るいピンクと鮮やかな赤色は

シコンエキスのみでつくりました。

ミネラル成分と呼ばれる、酸化鉄、酸化亜鉛、酸化チタンやシリコン

そしてコチニールと呼ばれるサボテンに付くエンゾ虫も不使用です。

コチニールは一般のオーガニックコスメにも多く使われる成分ですが

ブルークレールでは使用しません。

植物のみでピンクとレッドをつくりました。

ベースになる天然植物オイルは、果実のポリフェノールに注目し

貴重なオイルを集めました。

ヨーロッパキイチゴ種子油、ヒポファエラムノイデス油(サジー油)、

ザクロ種子エキス、カニナバラ果実油そしてホホバ種子油、ヒマシ油です。

◆唇を貴重な天然植物オイルで守る

私たちのお肌の皮脂の構成はワックスエステル(約25%)、スクワレン(約12%)、

トリグリセライド(約60%)でいずれも脂肪酸に分類されます。脂肪酸は年齢と

共に減少しますので、脂肪酸の特徴を適切にとらえ、天然植物オイルを上手に

利用していくことが、エイジングケアに重要なポイントのひとつとなります。

これは唇にも同様です。

ホホバ種子油はお肌の皮脂に含まれるスクワレンやワックスエステル(液体ワックス)と

類似し、なじみやすい特徴を持っています。そしてトウゴマという植物の種子を絞った

ヒマシ油は、ハチミツと同様に保湿力が高く、唇を保護します。

ローズリップグロスは、繊細な唇を守るために果実油のポリフェノールにも注目しました。

ヨーロッパキイチゴ種子油のエラグ酸、ザクロ種子油のプニカ酸は貴重なポリフェノール

です。ヒポファエラムノイデス種子油(サジーオイル)は豊富なビタミンと不飽和脂肪酸

を含みます。

これらの天然植物オイルの絶妙なブレンドが、繊細な唇を保護保湿し、栄養と潤いを与え、

ツヤをつくっていきます。

ローズリップグロスは使えば使うほど、唇本来の明るさが引き出される

オーガニックリップグロスです。

唇の代謝はお肌よりも早く、ケアすると結果が見えやすいところです。

そして、唇は瞳と同じくらい、女性を美しく見せる重要な部分です。

高品質なオイルで大切にお手入れをしていただきたいと思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
サブコンテンツ