2019年02月22日

オーガニック化粧水vol.1 〜ベーシックな化粧水だから、オーガニックで選ぶ〜

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

みんなが実感! 「これは外せない」基礎化粧品とは

みなさん、基礎化粧品というと何をお使いになられていらっしゃいますか?
洗顔でしたら、ミルククレンジング、オイルクレンジング、石けんや洗顔フォームなどなど・・・
保湿ケアでしたら、美容液や化粧水に、流行りのブースターや乳液、クリーム、オイル・・・
スペシャルケアやポイントケアも考えると、
実にいろいろな種類のアイテムがありますよね。

実は、こんなアンケートがあります。

Q.基礎化粧品の中で「これは外せない」「信頼している」ものはどれですか?
化粧水 51.3%
美容液 34%
乳液 5%
クリーム 8.8&
その他 1%
(2018年6月実施:ブルークレール×モニプラアンケート シングルアンサー/100%=80)

 

このように、基礎化粧品のなかでも、
化粧水に信頼を置かれている方が多いのです!

 

その化粧水、本当にお肌のことを考えて選んでる?

確かに女性であれば、必ずと言っていいほど購入したことがある化粧水。

ご自宅に何本かストックがあって、
お気に入りのものから、香りが好きな化粧水、
成分にこだわったオーガニック化粧水、
効果実感のある化粧水、ブランド化粧水、
口コミで話題のプチプラ化粧水などを
その時の気分で使い分けるという方も多くいらっしゃるかと思います。
洗顔やパックに使ったり、いろいろなケアに工夫して使われている方も多いかもしれません。
お店で購入する方も多いかと思いますが、最近ではネット購入の機会も多いかと思います。

ですが、実際にみなさん、何を基準に選んでいますか?
手にとって、きちんとそのお化粧品の真実を見ていますか?
ネット上で購入する際に、どんな成分が入っているか、詳細をチェックしていますか?

そもそもその化粧水は、本当にお肌のことを考えている化粧水ですか?
お肌にやさしい化粧水ですか?

誰だって、自分のお肌を傷つけてしまうようなお化粧品は使いたくないもの。

でも、今あなたの手元に置いてあるアイテムの数々が、
お肌にあまりよくない成分で構成されたものだったら?・・・
しかもそれが、毎日のようにたくさんお肌に使う化粧水だとしたら?・・・

それでは、未来のお肌の悲しい結末が待っているかもしれません。

使うならオーガニック化粧水。まずは全成分をチェックして。

 

どうせ使うなら、本当のお肌のことを考えてつくられた、お肌にやさしいものを。
オーガニック化粧水なら、配合されている植物成分がオーガニックだから安心。

けれど、<オーガニック>と書いてあっても、
お肌のバリア機能を壊してしまうような界面活性剤や
石油系成分、ポリマーなどの化学成分を配合してあるアイテムが多いのも事実。

まずは、全成分に注目してみてください。

商品の裏や、ブランドサイトを見て、
植物成分の他にどんな成分が入っているかもチェック。

今は少し検索をかけると、お化粧品ひとつひとつの成分の詳細がわかるサイトが多く存在します。
そのなかで、どのような目的で配合されており、それがどんな影響をお肌に及ぼすか
実際に調べてみましょう。
そうすれば自ずと、自分が何を使っていけば良いのか?わかってくるはずです。

ブランドのイメージだけではなく、
オーガニック化粧水であっても
そのパッケージの中に入っているモノの真実を見極めること。

そしてそういったものを選ぶなかで、
本当にお肌にやさしくて、自分に合う
オーガニック化粧水を選んでいっていただきたいと思います。

次回は、オーガニック化粧水を選ぶコツ、をお届けいたします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ページ

*オーガニック化粧水を選ぶならコレ!*

オーガニックの天然植物成分、無添加での独自抽出の成分を配合し、
合成保存料、合成界面活性剤、合成ポリマー、合成紫外線吸収剤、シリコンオイル、鉱物油、合成着色料、合成香料は無添加。
ブルークレールのオーガニック化粧水。
ローズエステリッチローション

サブコンテンツ