2015年07月02日

顔のシワ対策の特効薬は…笑顔!? 表情筋を鍛えて「シワ無し美肌」に!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

顔のシワ対策の特効薬は…笑顔!? 表情筋を鍛えて「シワ無し美肌」に!
見た目の印象を大きく左右させてしまうのが顔のシワです。
シワのケアや予防のために高価なスキンケアを取り入れる女性は多いです。

しかし、肌の表面のケアだけでなく、同時に行いたいのが肌の内側の筋肉を鍛えることです。
肌の内側の筋肉が衰えたままでは、シワができやすくなる肌環境は変わらないということができるでしょう。

筋肉の衰えによってシワが増えてしまう理由と、根本的なシワ解決のために取り入れたい「表情筋」を鍛えるためのエクササイズ方法を紹介していきます。

筋肉ダウンが関係!? 表情筋が衰えることでシワができてしまう理由とは?

顔には57種類の表情筋があり、これらの筋肉は普段30%程度しか使われていないと考えられています。
あまり使われない筋肉は硬く衰えることで柔軟性を無くし、顔のシワやたるみを引き起こす原因に。

表情筋が柔らかい状態であればシワはできにくく肌のハリも保たれるもの。
日常生活の中でも表情を豊かに作るよう心がけ、効果を感じやすい表情筋エクササイズを取り入れて根本的な「シワ対策」を行っていきましょう。

「しっかり」エクササイズでシワ対策!

「しっかり」エクササイズでシワ対策!
・ウォーミングアップ

エクササイズではあまり使われていない表情筋を使うため、急に行うことで筋肉を痛めてしまう場合もあります。
まずは顔をほぐすために軽く表情筋のウォーミングアップを行いましょう。

1、ゆっくりと口を縦に開き、顔全体を上下に引っ張られるようなイメージで伸ばす。
2、口を閉めて、顔をゆっくり縮めていく。
3、顔を左右に引っ張られるようなイメージでゆっくりと伸ばす。
4、ゆっくりと顔を縮める。

ポイントは動いている筋肉を意識しながら丁寧にゆっくりと行うことです。

・「眼輪筋」エクササイズ

目の周りの筋肉「眼輪筋」を鍛え、瞼のたるみ・目尻のシワを防ぐエクササイズです。

1、ゆっくり目を細める。
2、そのまま眉毛を引き上げる。
3、この状態のまま10回ゆっくり鼻呼吸をする。
4、ゆっくりと眉毛を元に戻し、目を開く。
5、1〜4を3セット行う。

・「口輪筋」エクササイズ

唇の周りの筋肉「口輪筋」を鍛え、口元のシワたるみを防ぎます。

1、人差し指と中指でこめかみを軽く押さえ、前歯を見せるようにしながら「イー」と発音する。
2、次に「ウー」と発音し口をすぼめる。
3、1~2を5〜10回行う。

・「頬筋」エクササイズ

頬の筋肉を鍛えることで口角が上がり、口元のたるみ・シワを防止します。

1、空気を吸い込み、両頬をできるだけ膨らませて5秒キープ。
2、口を閉じたまま、右頬にだけ空気を入れ5秒キープ。
3、左側も同じように膨らませて5秒キープ。
4、鼻と口の間の部分に空気をできるだけいれて5秒キープ。
5、アゴの内側に空気を入れ膨らませて5秒キープ。
6、口を閉じたまま頬をすぼませて5秒キープ。
7、最後にゆっくり頬を膨らませて5秒キープ。
8、1〜7を1日に3回程度行う。

「合間時間」にも手軽にどんどん取り入れたい「簡単エクササイズ」

エクササイズをやるような余裕がなくても表情を意識して変える、「あ、い、う、え、お」の発音をするのも効果的。
声を出すのが難しい場合には、その言葉を発音するような感じで口を開けてもOKです。
他にも仕事の間に、目を動かしたり口角を上げて笑顔の表情を作ったりするのもオススメです。

また、エクササイズの洗顔後には、さっぱり&うるおいの感じられる化粧水すっきりフェイスを手に入れましょう。
汗を流して疲れた肌は、水分が足りていない状態になっていることも。
きちんと水分補給ケアをして肌を労わってあげて下さいね。

シワやたるみに効果的な「表情筋」エクササイズですが、無理のしすぎは逆効果。
皮膚に負担をかけないようゆっくりと無理せず行いましょう。

顔の筋肉を鍛えることはシワを防止して美肌を保つだけでなく、笑顔の輝きも魅力的にアップさせてくれるもの。
継続してエクササイズを行い「昨日よりキレイな自分」を発見していきましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
サブコンテンツ