2013年11月22日

ホルモンバランスを整えるとよいことって?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

女性が楽しく生きることはホルモンバランスに左右されるといっても過言ではないくらい、実は女性はホルモンバランスによって心や体の動きが支配されています。例えば、いつも順調にきている生理が少し不順になっただけでも、ちょっとしたことでイライラしたり、体がだるく感じたりしたことはありませんか?そのくらい顕著に体調に表れてしまうのです。

 

女性が分泌するホルモンは2つあります。肌や髪にツヤを与えたり女性らしい体つきを整えるホルモン、エストロゲン(卵胞ホルモン)と、妊娠の準備にかかわるプロゲステロン(黄体ホルモン)です。この2つのホルモンがバランスよく分泌されて初めてバランスが整います。

このホルモンバランスが崩れる原因は大きく2つあり、

  1.  ストレスやダイエットなどの外的なもの
  2.  思春期、更年期というライフサイクル

が挙げられます。

ストレスの規模は大きい小さい問わず影響するので、今自分はストレスを感じていないのに…という方でも、脳は知らず知らずにストレスを感じています。また、間違えたダイエットで栄養バランスを乱したり、無理な運動をすることもホルモンバランスに影響を与えます。

そして女性の一生に2回訪れるホルモンバランスが乱れやすくなる時期が、思春期と更年期です。与える影響は個人差がありますが、更年期はホルモンの分泌が一気に落ちる時期で閉経もあることから女性の心も乱されることがあります。自分の体を十分に理解して、無理をしないことが重要です。

 

さてそんな女性の心と体のバランスを左右する女性ホルモンですが、このバランスを整える基本的な方法としては『規則正しい生活をする』ということ。おいしいものをバランスよく食べ、適度に運動し、よく寝る。これは人間の生活の基本的なことですが、なかなか日々意識しないとできないことでもあります。ではこの基本的な方法を心がけホルモンバランスを整えるとどんないいことがあるのか、考えてみました。

【ホルモンバランスを整えると起こるよいこと】

1.髪や肌などが艶やかになる

エストロゲンの分泌を整えると、皮脂分泌や水分のバランスもよくなり、肌荒れや吹き出物、乾燥による不調などのトラブルが起きにくくなります。そのため、普段から髪や肌が艶やかになり、自然な美しさを保つことができるのです。

Beautiful hair woman on white background. Portrait of asian.

2.人間関係が豊かになる

ホルモンバランスが崩れると、自律神経にも影響がでます。すると心の乱れが起こりやすくなり、ちょっとしたことでイライラしたり、いつもより思考がネガティブになりやすくなってしまうのです。そうなるとまたストレスからさらにホルモンバランスが乱れ、悪循環に陥ってしまいます。できる限りストレスなく過ごすためにも、生活習慣からホルモンバランスも整えていくと、徐々に自律神経も乱れにくくなり、結果的に感情もコントロールしやすくなってきます。すると自然に人間関係が豊かになってくるはずです。

人間は日々、家族や恋人、友人や同僚など誰かとコミュニケーションを取って共に生きています。ホルモンバランスを整えて、円滑な人間関係を築くことは、生きる上でとても大切な要素の一つですね。

丘に立つファミリー

3.若々しさを保てる

上記で肌や髪が艶やかになると記載しましたが、それにより老化も緩やかに感じられるようになります。女性にとって肌の調子が整うと朝から気持ちも軽やかになりますよね。そんな毎日を過ごしていると自然と心もキラキラと輝き、内側からも若々しさを発揮します。

葉っぱと水滴

4.家事や仕事がテキパキとできるようになる

ホルモンバランスを整えることによって心と体が元気になると、体も軽くなるのでテキパキと動けるようになります。生理前の憂鬱も大きな高低差を感じにくくなるので、体調のムラを感じにくい快適な生活を過ごしやすくなりますね。

家事

結果的に心と体がきれいになり、生活も楽しくなるということですね。毎日をイキイキ過ごすことが一番のキレイの源です。生活習慣を整えて、体の中から美しくなりたいですね。

関連記事:オーガニックコスメのメリットとは?事前に知っておきたい注意点と合わせてご紹介

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

参考サイト

女性ホルモンバランスの崩れ・整え方(All About)

ブルークレール代表からのプラスワンメッセージ
女性にとって大切なエストロゲンというホルモンの分泌を、生活習慣の改善によってある程度改善していくことができます。
エクササイズで出来ることは「骨盤のゆがみを直すこと」。
子宮は唯一、靭帯で骨盤と連結している臓器であり、骨盤の状態は子宮に大きな影響を与 えます。ストレッチ、ピラティスやヨガなどはもちろん、左右のバランスのとれたエクササイズ、そしてウォーキングなどもとてもおすすめです。
また同じ動きを繰り返す反復運動は、三大神経伝達物質の一つであり「幸せホルモン」と言われるセロトニンを活性します。
セロトニンは精神状態を 司ると言われこの状態は更年期障害に大きく関わります。95%が腸で作られるとも言われていますので、腸内環境を整えることも大切になります。
食事、睡眠も言うまでもなく大切ですね。
そして香り。
アロマセラピーが女性の精神状態やホルモンバランスに与えるインパクトはもっと注目される べきだと個人的にも思います。
より女性らしさを引き出す香りは、ローズ、ネロリ、ジャスミン、イランイラン、ゼラニウム・・・多くありますが、自分がその 時心地よいと感じる香りがご自分の求めている香りです。
そして大切なことは、その香りが化学的なものではなく無添加でオーガニックなものであること。ナチュラルであることが不可欠なのです。無添加・オーガニックで優しい香りに皆さんが癒されますように♡
サブコンテンツ