2013年11月14日

自然に白い歯になる方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

テレビに映る俳優さんなどを見ていると、白い歯がキラリと輝き、それだけで笑顔が明るく感じるときがあります。最近では営業や店員などの接客業の方でも、歯科医院に通ってホワイトニングを積極的に受診している方もいるほど、歯科医院やホワイトニングサロンで行う施術(オフィスホワイトニング)は身近なものになっています。

 

ですが、ホワイトニングは健康保険適用外の治療になるため、数千円から数十万円かかることになります。安価な方法があるとはいえ、やはり続けるとなると金銭的に不安感じますよね。また、科学的なホワイトニング剤を直接歯に塗るということも心配です。できれば日々の生活や食べ物などの自然なもので歯を輝かせたいですよね。

 

そこで、今回は日々の生活で自然な形で白い歯になる方法を探してみました。科学的でなく、お金をかけずに白い歯にする方法をご紹介します。

 

【自然に白い歯になる方法】

1.食べ物で歯の汚れを落とす

野菜や果物、乳製品にも歯の汚れを落とす作用があるものがあります。

特にフルーツに含まれるリンゴ酸にホワイトニング効果があるようで、歯の表面に付着した染みや汚れを除去するのです。
代表的な食べ物は果物だとリンゴ、イチゴ、オレンジ
野菜はタマネギ、セロリ、ニンジン、ブロッコリーなどです。

乳製品の牛乳、チーズ、ヨーグルトなどを積極的に食べることもカルシウムを摂取できてより歯によさそうですね。

 

野菜とフルーツ

 

2.ステインの多い飲み物をできるだけ避ける

コーヒー、紅茶や緑茶などのお茶類、赤ワイン、コーラは、タンパク質と結合して歯の着色汚れの原因になるステインを含む飲み物です。

色の濃い飲み物ですし、紅茶は染物もあるくらいなので、イメージ的にも着色してしまいそうですよね。

とはいえ、これらの飲み物は好きな方も多いです。お茶や赤ワインは体にもよいですし、日課として飲んでいる方もいらっしゃるかもしれません。

そんなときは、上記で挙げた歯を白くする食べ物を一緒に食べたり、水を一緒に飲んだりして対策をしましょう。

 

コーヒータイム

 

3.タバコに気を付ける

タバコを吸うと歯にヤニがつき、黒ずみや黄ばみの大きな原因になります。

ヤニを落とすには歯磨き粉をガーゼに直接つけて歯の表面を擦って拭き取ればある程度落とせますが、ひとつひとつの歯を手で磨くのは手間ですね。

そしてできれば健康のためにもタバコを吸うことは避けたいですので、もし今吸っているのならこれを機にやめるのもよいかもしれません。

 

灰皿と吸い殻

 

4.口内を清潔にする

いくら食べ物や飲み物に気をつけていても、歯に歯垢(プラーク)がついていると、着色汚れがつきやすくなってしまいます。

プラークは虫歯と口臭の原因となるので、歯を白くするという観点だけでなく、歯の健康も蝕む要因です。

基本的なことですが、食事の後の歯磨きを欠かさず行うことが歯の健康も白さも保つことができるのです。

 

歯磨き

 

 

日頃の食べ物や生活習慣で、自然に歯を白くすることができるということですね。

食べ物や飲み物を意識して摂ることも、生活習慣を見直すこともひいては体全体の健康につながる行動になるので、歯を白くする方法を実践すると共に、健康的な体作りの一環として取り入れてみてはいかがでしょうか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

参考サイト

  • ステイン対策で白い歯を保つ方法(美肌マニア)
  • これぞ自然のホワイトニング! 歯を白くしてくれる12の食材(lifehacker)
ブルークレール代表からのプラスワンメッセージ

重曹で歯を磨くと、歯の表面の着色を落とすことができますし、実際に市販されている歯磨きにも配合されている成分ですが、粉のままの重曹で強く歯 を磨くと歯を研磨するかもしれませんので気をつけましょう。

重曹を水に溶かして口をゆすぐのは緩やかですが歯に良いですし口臭予防になると言われていま す。
レモン果汁やお酢などで歯を磨くと一時的に歯を白くすることができます。

ですが、これは歯の表面を酸によって凸凹にし、光の乱反射によって白く見えるだけで(脱灰といいます)、すぐに元に戻ってしまうばかりでなく、何度も繰り返すとエナメル質が薄くなってきてしまいますので止めましょう。

~ブルークレール無添加化粧品・オーガニックコスメ~

サブコンテンツ