2015年01月05日

冬に女性を悩ませる「冷え」正しくケアして美肌を手に入れよう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

29_1
冬の厳しい寒さで手足が冷えると辛いですよね。1年で最も寒いこの時期、体が冷えてしまうことで美容に与える
悪影響は実はかなり深刻なもの。
冷えを放っておくと様々な肌・健康のトラブルに直結してしまいます。

今回は冬の「冷え」が肌や体にもたらす悪影響や、「冷え」をケアして体を温める方法を紹介していきます。

【体が「冷える」とどうなるの?】

29_2
男性に比べて体を温める筋肉量が少なく、皮膚の表面温度も
低いため体が冷えやすい女性。
女性の半数以上の方が「体が冷えて辛い」と感じているというデータもあります。
 
冷えは血液の流れを悪くし、内臓の働きを鈍くさせて
しまいます。

 
 
そのため体内の老廃物が排出されにくくなるので体が
むくんだり・便秘などの消化不良も起こりやすく、
肌のトラブルを引き起こす原因に。
 
 
また体が冷えた状態が長く続くと、自律神経のバランスが崩れ体温調節がうまくできなくなってしまい、慢性的な「冷え性」になってしまう危険性もあります。

なるべく体を冷やさないように生活することは、お肌にも健康にもとても重要なことなのです。

【体を温めよう!効果的な方法3つ】

1.体を温める食べ物を食べる

 
29_3
生の野菜や冷たい飲み物は体を冷えさせてしまうので、
冬の間はなるべく摂取を控える方が無難です。

温かい飲み物や調理された野菜は、体を内側から温めてくれるので非常にオススメ。

人参やゴボウなどの根菜類、ニラやニンニク、カボチャやラム肉などは体を温めてくれる効果を持った食材ですので積極的に取り入れると良いでしょう。

また、ネギや生姜・トウガラシなどの辛味のある食材も体を温めるのに優秀な食材。
辛味成分は血行をよくして体を温める効果があり、特に生姜は蒸したり乾燥させることによって体内の温熱効果がアップします。

2.入浴で血行アップ!

 
29_4
寒い日には熱いお風呂に肩まで浸かりたくなりますが、
体を長くポカポカ温めるのにはぬるめのお湯
(38〜40℃程度)に半身浴でゆっくり浸かるのが
最も効果的。

 
 
熱すぎるお風呂は肌に負担をかけますし、湯船から上がった
後急激に体が冷えてしまいます。
 
入浴剤で温浴効果を高めるのも慢性的な「冷え」を解決するのに効果的です。

3.あったかグッズを活用

 
29_5
マフラーや手袋やリストバンド、ルームウォーマーやルームソックスで、首・手首・足首を温めるのも冷え対策に
とても効果的。

首や手首・足首には太い血管があるので、ここを温めると
体全体に血液が行き渡りやすくなります。

カイロや湯たんぽ、腹巻などの温かグッズで体を保温するのも良い方法です。

女性は特に下半身が冷えやすいので、下腹部周辺を重点的に温めましょう。

冬の厳しい寒さで、ストレスがたまることも多いですよね。
しかし、寒さをケアし体を温めることはストレスを軽減させ、心のリラックスにもとても効果的です。
上手に「冷え」対策を生活に取り入れて、綺麗なお肌と健康な体で冬を元気に乗り切りましょう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
サブコンテンツ