2019年09月18日

秋には温かい飲み物で美肌づくりを

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 

残暑が続くものの、確実に秋に入ってきていて

「夏服で出かけたら、夜寒かったわ。」

という声も聞かれます。

冬から春の季節の変わり目も大きいですが、

強烈な夏の暑さ(今年はそうでもなかったですが)から、

一気に冷えと乾燥の垣間見え始める秋の変わり方も急激です。

緑の葉っぱが黄色や赤色に染まるくらいですから。

 

「この季節には、少し塩味についたお湯を飲むといいんだ。

良い出汁で作ったスープみたいな。」

ずいぶん前に、西荻窪の無農薬野菜店のオーナーから言われました。

この季節は、体が水分を吸収しやすいように、少し塩味のついた

お味噌汁やスープを意識していただくと良いのです。

急激に変わる気圧や湿度、そして夏の間にどうしてもある程度は引き起こしている

インナードライを、効率的にケアしていきます。

 

そう、夏バテの名残のインナードライと、

秋の季節へ変わっていく気圧や湿度、気温の変化から

内臓から吸収率を考えた温かい水分の補給で

私たちの心身を守ります。

そうするとそれは、直接的にお肌へのケアにもつながります。

 

全部塩味にする必要はもちろんありません。

塩分の摂りすぎにはくれぐれも気をつけましょう。

塩分を控えていらっしゃる方はもちろん、そのまま味をつけない

もしくは食材で味付けを引き出すようなお料理で

それぞれのやり方で意識して工夫してみましょう。

私は、一年中ですが、お味噌汁かスープは

毎日必ずいただきます。

秋はポトフなども良いですね。

 

季節の変わり目は体調やお肌の調子が揺らぎやすいときかも。

ですが、それが美肌づくりのチャンスでもあります。

毎日を大切に重ねていきましょう。

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
サブコンテンツ