2019年07月08日

初夏バテで身体とお肌のコンディションを崩さないために

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

夏本番でもないのにバテ気味という声が多くなっている?

夏の直前、季節の変わり目。

なにはなくとも活動的な気持ちになる夏ですが、

「なんだかすでにバテ気味なの、、、」

という声を、ここ数年、初夏のこの時期によく聞くようになりました。

聞くと、真夏でもないのにこの気温変化と、

梅雨空続きの蒸し暑さについていけず、

身体がだるくて夜もあまり眠れず、食欲もなく・・・

そんな話を耳にします。

もちろんそんな時には、お肌の調子も悪くなっていて

気持ちがさらに沈んでしまっているようです。

近年の自然環境の変化もあり、

季節の変わり目の温度差は

激しくなるいっぽうですよね。

そんな時、身体もお肌も健やかに身軽に乗り切るには、

一体どうしたら良いのでしょうか?

寒暖差を何度も感じるのは身体にもお肌にもストレス!

外の暑さもさることながら、特に女性が気になるのは、

室内の冷房環境。

キンキンに冷えた風を直接浴びながらのオフィス仕事などで、

悩んでいる方も多いのではないでしょうか?

この、寒いほどの室内と、多湿でじわーっと汗をかくような蒸し暑さ、

この行き来が多くなればなるほど、実は体温調節機能がくるってしまうのです。

 

そして、お肌にとってもこの気温差はあまりよろしくありません。

体温調整をおこなうのは、自律神経。

自律神経の乱れは、お肌の健やかさにも大きく影響します。

寒暖差で身体に急激な負荷を与え続けることで、

自律神経にも影響を与え、お肌にとっても安定しない環境を

自分が自分で作り出している状態になっているのです。
もちろん、バテかけて陥った睡眠不足や

偏ったお食事は、言うまでもありません。

身体もお肌もバテないように。今日から始められることとは?

では、身体もお肌もバテないように、

気をつけていけることは何でしょうか?

<1>ストレッチや軽い筋トレ・セルフマッサージなどで、身体をこまめに動かす。
<2>冷たい食べ物/飲み物を控えること。
<3>睡眠環境見直し。睡眠時の冷房は我慢しない。(冷えすぎには気をつけて)

特におすすめしたいのは、<1>身体をこまめに動かすこと。

身体全体に言えることですが、30代からは、筋肉が硬くなっていきます。

お顔の筋肉もしかり。

身体の皮膚が一枚でつながっているように、

筋肉もいろいろな部分が血管や神経、肉でつながっています。

ですから、お顔を気にする場合にはまず、肩甲骨などからほぐしていくのがベスト。

肩周り、脇の下、デコルテ、耳の周りには、さまざまな流れの関所があります

それらをほぐすことで、筋肉もやわらかく巡りがよくなって、流れがよくなる。

溜まっていた老廃物も動きだし、化粧品が浸透しやすくなるお肌への変化を促しましょう。

 

また、軽い筋トレなどは、成長ホルモンが分泌されることが知られており、

生殖・免疫機能の強化、脂肪の燃焼などの効果も望めるため、

自律神経が乱れがちな身体にとっても、お肌にとっても

アンチエイジングを望めて◎!

同時に、こんな時こそ<2>白湯などで内臓から温めて

<3>良い睡眠環境で、質の良い眠りを手に入れることもお忘れなく。

良い睡眠は、無料でできるエイジングケアですよ。

 

この時期のお肌のお手入れはどうしたらよい?

何よりもUVケアと保湿。

ブルークレールでは常々そうお伝えしていますが、

初夏〜秋口にかけては、これを声を大にしてお伝えしていきたいことです。

お天気が悪い日も、汗をかきすぎた時も、意外と涼しいなという時も、

もちろん真夏日にも、UVケアと保湿を心がけましょう。
お肌に負担のかかりやすいUVケアこそ

徹底したオーガニック・無添加でお手入れしてはいかがですか?

 

*お肌にやさしく、軽い使い心地。十分なSPFで安心のUVケア。


・ローズリッチUVパウダー SPF50+ PA++++
・UVラグジュアリーデイクリームII SPF23/PA++
→ 2つをまぜたり、重ねて使ったりしてもOK。

 

 

 

*美容成分、ローズや乳香すべてが濃密で新鮮なフェイシャル美容オイル。


・ローズヒップトリートメントオイル(フェイシャルオイル)
→ スキンケアの最後にフェイシャルマッサージやボディマッサージとして
スペシャルなオイルを取り入れて、お肌をなめらか艶やかに。

 

 


◆商品一覧

◆ブルークレール国産オーガニック化粧品webサイト

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
サブコンテンツ