2019年07月04日

インナードライは始まっています。 〜夏バテしないお肌の準備

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 

梅雨明けにはもう少しかかりそうな日々ですね。
そして、気温が高く、じっとりと汗をかきます。
皮脂が肌の表面を覆うと、よく潤いしっとりしているように感じますが、
実は汗をたくさんかく時、インナードライが起こっていることが多いのです。
汗(皮脂)が一気に出ると、水分や油分の栄養分の補給が遅れ、
内部では乾燥状態が引き起こされます。
冬の表面から始まる乾燥とは逆に、
夏の乾燥は内側から始まります。
そして夏ではなく、汗をかくようになる梅雨の季節から始まります。

 

お肌は夏に老けやすいと言われます。
紫外線などの強い太陽光、夏バテによる免疫力の弱まり、
熱帯夜の寝不足、エアコンの強烈な乾燥、そして
見落としがちなインナードライ。
逆に言えば、夏のダメージを最小限に抑えた肌は、
心強く秋、冬を迎えられます。
そのようにして、年齢サインを感じさせない、
より輝くハリのある表情を育めます。

 

梅雨のインナードライを作らず、夏バテしないお肌の準備のために
以下をおすすめします。

 

・雨や曇りがちでも、紫外線などの太陽光対策を適切に行うこと。
晴れていなくても太陽光は十分にお肌にネガティブな影響を与えます。

・ファンデーション、メイクはお肌の呼吸のできるものを使いましょう。
合成界面活性剤やポリマーがたっぷり、というものは避けましょう。

・優しいクレンジングと洗顔を心がけましょう。
濃いファンデーションを落とすために、必要な皮脂まで落とし続けるような洗顔を習慣にしないようにしましょう。

・質の良い睡眠を、普段よりも少し長めに取れれば撮りましょう。
良い睡眠は美肌を作る最良の方法です。
ブルークレールの7つの習慣(睡眠、腸内環境、食事、ストレス対応、
運動、太陽光ケア、保湿対策)を大切に。

・栄養のある食事の他に、白湯をいただきましょう。
夏バテは内臓が冷えている状態です。
内臓が冷えているとお肌が荒れやすくなります。
夏老けない人は老けない人。
そう言っても過言ではないほど、これからのスキンケアと
生活習慣は大切です。

 

梅雨の季節の今、夏バテしないお肌を準備しましょう。

 

商品一覧

ブルークレール国産オーガニック化粧品webサイト

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
サブコンテンツ