2019年05月31日

デリケートゾーンのケアこそオーガニック・無添加で

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 

デリケートゾーンのケアこそ、

オーガニックで無添加のものを使うべきだと感じています。

デリケートゾーンの経皮吸収率は体の中で最も高く、

子宮につながる大切な部分です。

 

顔は肌がむき出しの状態で、紫外線などの太陽光や様々な外の刺激を直接受けます。

毎日のメイクと洗顔でどんなに優しいスキンケアをしても、結局ある程度こすっていることになります。

一方でデリケートゾーンは太陽光や空気汚染には触れにくいものの、

粘膜ですので非常に繊細です。

下着の中で蒸れやすく、そしておトイレに行くたびにやはりこすっていることになります。

つまり蒸れやすい一方で乾燥しやすく、さらに刺激を受けています。

顔の肌のpH値は5.5〜6の弱酸性であり、デリケートゾーンのpH値はそれよりさらに弱酸性度の強まる

4.5〜5程度であることも、頭に入れておきましょう。

 

顔のスキンケアと同様に、デリケートゾーンのケアは女性にとって大切です。

そして、デリケートゾーンこそ、オーガニックで無添加の化粧品を使って欲しいと思います。

上述の通り、経皮吸収率が体で最も高いこの部分には、合成剤を使用するなどあってはいけません。

そしてそういうケミカルなものを含むケア剤が多いのが事実です。

全成分を確認し、くれぐれも気をつけて、自分たちを守っていきましょう。

 

皆さんにおすすめしたいケア方法は、

ローズ クレンジング&マッサージオイルでの

ごくごく優しいデリケートゾーンのマッサージです。

気になる黒ずみなどがあるとしたら、それも使い続けて行くうちに改善していきます。

 

決してこすることなく、優しく塗り込める程度にオイルをつけていきます。

そして、下着のゴムの部分が当たるような足の付け根にまで

そのオイルを伸ばしましょう。

お風呂上がりがおすすめです。

オイルをついても構わない下着を、ケアする時専用に用意すると良いでしょう。

 

ローズ クレンジング&マッサージオイルの8種類のオーガニック・エコサート認証の天然植物オイルが

繊細な部分を優しく保湿し、綺麗に保ち、そして状態を整えていきます。

長く続けるほどにその良さと価値がわかる習慣になっていきます。

 

女性の最も繊細な部分を、顔に使うものと同じオーガニックコスメで

お風呂上がりにケアするのは、その部分を綺麗に清潔に保つだけでなく

私たちの精神をも癒していきます。

そして気がつかないうちに、デリケートゾーンはより美しくなります。

 

そっと、大切な習慣をひとつ、はじめませんか?

 

関連記事:ブルークレールがおすすめするオーガニックコスメの定義とは?共感した商品紹介

ローズ クレンジング&マッサージオイル

商品一覧

ブルークレール国産オーガニック化粧品webサイト

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
サブコンテンツ