2014年02月25日

タオルは美容に使える!簡単パーツ別美容法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

寒い外からレストランに入って、店員さんから温かいおしぼりを受け取った瞬間、
つい「温かい…」と声が出てしまうほどホッとしてしまうことがあります。

外気の刺すような寒さに体が芯まで冷えてしまった状態で、
ほんのり湯気が出ている蒸しタオルを手にすると、
心まで温められるような安心感すら覚えます。

やはり人の体は『温める』ことで心身ともに健康を感じるのかもしれませんね。

さて、この蒸しタオル。
飲食店ではおしぼりですが、エステや美容院などの
美を磨く現場では、美容ツールとして使われています。

蒸しタオルで温めることで、血行がよくなったり美肌のサポートができたりと、
さまざまな美容ケアができるのです。

タオルはどの家にもある身近なもの。
自宅でも手軽に同じ美容ケアができますので、ぜひ日頃のケアに取り入れたいですよね。

そこで、今回は…

体のパーツごとの蒸しタオル美容法

まず蒸しタオルの作り方ですが、とても簡単!
タオルを濡らして固く絞り、そのままラップでくるんで
電子レンジで1分ほどチンするだけ。

少し熱いかなと感じるくらいがちょうどいい温度です。(蒸気によるやけどに注意してください)
ただし、タオルを広げると、どんどんタオルの温度が下がっていくので
使うまではすぐに開かないようにしましょう。

1.顔に当てて毛穴を開かせる

おもに洗顔前がおすすめです。
蒸しタオルを顔に乗せ、そっと押しあてます。
(やけどをしないよう、開いたタオルを軽く振って少し温度を冷ましてから顔に当ててください)

温めることで顔の毛穴が開き、洗顔時に毛穴の奥の汚れまで落としやすくなります。
血行もよくなるので、顔に透明感を感じられるかもしれません。
また、目が疲れているときは、
目を重点的に温めると血行が促進され眼精疲労が緩和されます。

タオル

2.首の後ろに当てて肩こり対策

肩こりや眼精疲労、また肩こりによる頭痛(緊張型頭痛)が
ある方におすすめの美容法です。
できれば首に負担のない状態が望ましいので、寝ながら、
もしくはヘッドレストのある椅子に深く座り、首の後ろに蒸しタオルを当てます。

一時的に血行がよくなるため、頭から肩まわりまでのコリに有効です。
温めながらマッサージやストレッチをすると、
より全身の血行が促進されるので、合わせて行ってみてください。

また蒸しタオルを作るときに、最初の濡らすタイミング
アロマオイルを数滴垂らしてから電子レンジにかけると、
ほのかに香ってリラックスできますのでおすすめです。

香り

3.生理痛時に腰を温める

生理痛がつらいときは、腰を温めると少し楽になります。
寝ながら蒸しタオルを腰に当て、ゆっくり深呼吸をしてください。

もしお腹も冷えているときは、両方にタオルを当てましょう。

子宮を温め、血行をよくすることで痛みを緩和できます。
生理痛時に限らず、腰やお腹が冷えやすい方は
普段から意識的に行いましょう。

子宮の健康だけでなく、内臓の温度が上がり、代謝がよくなったり
腸内環境が整いやすくなったり
といいことがたくさんあります!

腰

4.足を温めむくみ解消

足のむくみが気になるときに、
つま先からふくらはぎまで蒸しタオルで巻いて、足全体を温めます。

その上から軽く足を揉んで、マッサージをしましょう。
血行がよくなることで老廃物が流れやすくなり、むくみの解消につながります。
お風呂に浸かって温めてからマッサージをするのが一番よいですが、
生理中など湯船に浸かれないときに、おすすめの方法です。

足のむくみ

まだまだ寒い日が続きますが、
蒸しタオルを有効活用して、賢く簡単に美容と健康を手に入れましょう!

冷えているな、と感じるところがあれば、蒸しタオルをサッと作って当てる。
そのくらい身近にできる美容法なので、ぜひ家庭で取り入れてみてくださいね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
サブコンテンツ