2016年02月29日

細胞が喜ぶ生活で、美肌を手に入れる~栄養編~

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

48-1

“細胞から元気”をモットーに!

花粉も飛び始め、季節の変わり目で身体やお肌の調子がなんとなく不調・・・
そんな方が多いかもしれません。

こういう時にこそ、いつもの体調やお肌の状態を保つことの難しさと
保つための予防法やお手入れ方法などが知りたくなりますよね。

ぜひ今年は、“細胞から元気”をモットーに
栄養面から健やかな美しさを目指してみませんか?

 

美しいお肌を目指すために、細胞から元気に?

48-3

ミトコンドリアという名前はご存じでしょうか?

緑色で小判型をしているその姿は、
一昔前、映画やTVなどでもその存在を扱われることが多く
目にされたことのある方もいらっしゃるかと思います。

私たちの身体のなかにある60兆個とも言われる細胞、
そのひとつひとつに、必ず存在しているのがミトコンドリアです。

私たちは、酸素や栄養を血液中の赤血球にのせて
60兆個ある身体中の細胞へ運んでいます。
そして、それををもとにエネルギーを生み出します。

そもそも人間の身体がエネルギーを得るには、2つの回路があります。
それが、糖分(ブドウ糖)からエネルギーを作る
①解糖系
そしてその解糖系の19倍の効率でエネルギーを作るのが
②ミトコンドリア系です。
細胞のなかには必ずミトコンドリアが存在し、
運ばれてきた酸素や栄養をもとにかなりの効率の良さでエネルギーを作り出すのです。
エネルギーがなければ、私たちは活動できません。
もちろん健康やお肌の健やかさも望めません。

ですから、ミトコンドリアが喜ぶような栄養素と酸素を採ることが
しいては美しいお肌を作り出すことにつながるのです。

では、ミトコンドリアを活性化させるには
どうしたらよいのでしょうか。

 

ミトコンドリア・美肌と深い関係がある栄養素

48-3

ミトコンドリア内では、エネルギーATPの生産をおこないます。
その時に必要なのは、リボフラビンと呼ばれるビタミンB2です。
さらにビタミンB2には、活性酸素や公害物質や食品添加物など化学物質から発生する
フリーラジカルを完全無毒化するのに必要な体の防御システムを助けると共に、
健康的な肌を作る際にも重要な働きをし、口内炎やニキビを予防や改善する効能もあります。

ですから、ビタミンB2には細胞を活性化させると共に、
それ単体でも美肌へ働きかけてくれるのです。
そして栄養素であれば、やはり食物から摂取するのが一番!
下記に挙げていきますので参考にされてください。

——————————————————-
◆ビタミンB2
——————————————————-
体内で色々な反応を助ける補酵素の一部として使われます。

【ビタミンB2の含まれる食品】葉野菜、フルーツ、根

 

野菜、卵、鶏肉、牛肉、レバー、魚、
——————————————————-

また、女性ホルモンのエストロゲンも女性にとってなくてはならない存在。
そんなエストロゲンは、近年ミトコンドリアに直接働いて増やす役割があると発見されたそう!
エストロゲンの分泌を促すことは、ミトコンドリアの活性化にもつながるのです。

女性ホルモンによる美肌効果と相まって
ミトコンドリアの活性化でさらなる美肌を目指せますね。

エストロゲン分泌・代謝を助ける栄養素は次のふたつ!

——————————————————-
◆ビタミンE
——————————————————-
エストロゲンを作り出す卵巣の老化を防ぎ健康に保っています。

【ビタミンEの含まれる食品】モロヘイヤ・大根の葉・かぼちゃ・アボカド・アーモンド
——————————————————-

——————————————————-
◆ビタミンB6
——————————————————-
卵巣で作られたエストロゲンの代謝をおこないます。

【ビタミンB6の含まれる食品】魚(特にマグロの赤身)・バナナ・にんにく
——————————————————-

31_2

 

さらには健やかな毎日を目指すことで必要不可欠なのが
ビタミンB12
女性によくありがちな頭痛・貧血・疲労感・睡眠不足など
原因不明の不定愁訴を自覚されている場合、
ビタミンB12不足であることが多いと言われています。

不定愁訴を自覚されている場合、お肌の悩みを併せて持たれていることが多いよう。
是非合わせて積極的に摂取してみては?

——————————————————-
◆ビタミンB12
——————————————————-
細胞の分裂・分化には欠かせない遺伝子を構成する核酸の合成に関わっている。
また傷ついた末梢神経の回復効果もあるため、
肩こり、頭痛、局部のしびれ、原因不明の体調不良に思い当たる方は、
ビタミンB12を補うことで対処できるかもしれません。

【ビタミンB12の含まれる食品】のり、しじみなどの貝類・魚(いわしなど)・レバー
——————————————————-
今回は栄養面から美肌細胞活性化を採り上げました。

細胞から・・・も大切ですがやはり日々のベーシックなスキンケアも大切。
毎日のお手入れも気を付けながら
日々のお食事に上記を参考にされながら
細胞から美肌!を目指してみてください。

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ページ

◆日々のべーシックなケアでお肌の奥から健やかに
リペアモイストWエッセンス(美容液)

ローズエステリッチローション(化粧水)

◆どうしても・・・!の緊急スペシャルケアに
ローズヒップトリートメントオイル(フェイシャルオイル)

 

サブコンテンツ