2019年09月26日

筋力とストレッチ、そして顔筋体操(顔ヨガ)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 

スポーツクラブで、先輩の女性たちが、

「スクワットをやっていれば大丈夫だって」

と話をしているのを耳にしました。

なるほどだと思います。

もちろんスクワットに限らず、歩くことでも

腕立て伏せでも、自分に合うマシンを上手に使うことでも

スタジオでのエクササイズや太極拳、ピラティスやヨガ、

左右バランスの良い運動でも、あまり自分に厳しすぎない運動で筋力をキープしつつ

少しずつでも鍛えていければ、身体のベストなアンチエイジングだと思います。

そして、並行して柔軟運動ですね。ストレッチを軽くすることも大切です。

 

そして、フェイシャルヨガの先生は、以前このように話されていました。

「身体はジムで鍛えて本当に若いのに、

顔が全然若く見えない人がいる。

顔は顔専用の筋肉体操をするべき。

まだまだ全然間に合う。思って始めた時から効果があるから。」

 

そうなんです。身体の筋肉を鍛えているからって、

顔筋もリフトアップすることはないのです。

顔の筋肉は左右対称で合わせて100以上。細かく分けると120程度と言われています。

その数多い筋肉が、筋膜で細かく構成されて、

ツルッとした頭蓋骨の上に乗っている状態が、私たちの顔と頭皮です。

それが、加齢とともに、支えきれずに下に落ちやすくなったり、

筋膜での細かい調整が崩れやすくなったりするのは、

想像できますよね。

 

ブルークレールでは、7つの美習慣をいつもお伝えしています。

睡眠、腸内環境改善、食事、ストレス対応、運動(顔ヨガ含む)、紫外線など太陽光ケア、保湿対策。

 

運動にはいつも「(顔ヨガや顔筋体操含む)」が入っています。

顔ヨガ、皆さんもされたことはおありですか?

正しくしなければ、逆効果になることもありますので気をつけなくてはいけないのですが、

フェイスラインが引きあがるように、

ほっぺが引きあがるように、

顎のラインがすっきりするように、

お風呂などでする顔の運動は、それこそ美容の積み重ねです。

 

「フェイシャルヨガ」で検索すると、動画も出ているようです。

ご存知ない方、ご経験のない方は、一度ご覧になって見てはいかがでしょう。

DVD付きの良い本もたくさん出ています。

 

そして、顔ヨガをするときのコツは、

顔をなんどもこするような方法をしていないやり方を選ぶこと。

優しく押さえる程度か、もしくは触らずに気の力で引き上げるような

そういう方法がオススメです。

そして、顔ヨガをするときには、

ローズヒップトリートメントオイルや

ローズ クレンジング&マッサージオイルなどの

オイルを顔に使うと、摩擦を緩和し、血行の促進にもなります。

 

顔ヨガ、1、2分の継続でもとても効果があります。

お風呂での顔筋体操習慣、始めてみませんか?

 

◆顔ヨガをするときにオススメ、ローズヒップトリートメントオイル

◆同じくローズ クレンジング&マッサージオイル

◆同じくおすすめローズバーム

◆お風呂以外で顔ヨガをするときには、お顔が潤っている状態であれば、

オイルでなくても大丈夫。プレミアム3点セット(美容液、化粧水、ローズクリーム)

◆その他商品一覧

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
サブコンテンツ